WordPress

WordPressでベーシック認証を設定する方法

WordPressサイトにベーシック認証を設定することは、開発中のページを保護したり、限定的なアクセスを提供する際に非常に有効です。この記事では、ベーシック認証を設定する簡単な手順を紹介します。

1. .htaccess と .htpasswd の理解

ベーシック認証を設定するには、.htaccess ファイルと .htpasswd ファイルを使用します。.htaccess ファイルは、Webサーバーに対してディレクトリレベルで設定を行うための設定ファイルです。一方、.htpasswd はユーザー名とパスワードが格納されたファイルです。

2. .htpasswd ファイルの作成

まず、認証に使用するユーザー名とパスワードを.htpasswd ファイルに保存します。このファイルは、公開されていない安全な場所に置く必要があります。例えば、以下のコマンドを使ってユーザー名とパスワードを生成し、ファイルに追加します。

htpasswd -c /path/to/.htpasswd username

このコマンドを実行後、指示に従ってパスワードを入力します。

3. .htaccess ファイルの編集

次に、.htaccess ファイルを編集して、ベーシック認証の設定を追加します。以下はその設定の一例です。

AuthType Basic
AuthName "Restricted Access"
AuthUserFile /path/to/.htpasswd
Require valid-user

ここで、AuthType は認証のタイプを指定し、AuthName は認証時に表示されるメッセージ、AuthUserFile は.htpasswd ファイルのパスを指定します。Require valid-user は有効なユーザーであれば誰でもアクセスを許可することを意味します。

4. 設定の確認

設定後、Webブラウザからサイトにアクセスして、ユーザー名とパスワードの入力を求められるか確認してください。正しく認証が設定されていれば、指定したユーザー名とパスワードでのみアクセスが可能になります。

以上でWordPressに基本認証を設定する基本的な流れを完了しました。この設定により、開発中のサイトを不要なアクセスから守ることができます。

アバター画像

Groworks Inc.

ものづくりのまち燕三条にある三条ものづくり学校を拠点とし、新潟市、長岡市、燕市、柏崎市を中心に活動しているウェブサイト・ホームページ制作会社です。