開発

初心者向け!phpMyAdminのインストールから使い方までを徹底解説

Webアプリケーションの開発において、データベース管理は避けて通れない重要な作業の一つです。phpMyAdminは、MySQLやMariaDBなどのデータベースをウェブブラウザから管理するためのフリーでオープンソースのツールです。この記事では、phpMyAdminのインストール方法と基本的な使い方を、初心者にもわかりやすく解説していきます。

phpMyAdminとは?

phpMyAdminは、PHPで書かれたデータベース管理ツールです。ウェブインターフェースを通じてデータベースを簡単に操作でき、SQLクエリの実行、データベースやテーブルの作成と管理、ユーザー権限の設定などが可能です。

インストール前の準備

インストールを始める前に、サーバーにPHPとMySQL(またはMariaDB)がインストールされていることを確認してください。これらが未インストールの場合は、先に環境を整える必要があります。

ステップ 1: phpMyAdminのダウンロード

phpMyAdminの公式サイト(https://www.phpmyadmin.net/)から最新版のphpMyAdminをダウンロードします。

ステップ 2: ファイルのアップロード

ダウンロードしたファイルを解凍し、サーバーのドキュメントルート(例えば、/var/www/html)にアップロードします。

ステップ 3: 設定ファイルの作成

アップロードしたディレクトリにconfig.inc.phpという名前で設定ファイルを作成します。このファイルには、データベースへの接続設定を記述します。

<?php
$cfg['blowfish_secret'] = '任意の32文字の複雑な文字列'; /* 任意の秘密キー */
$i = 0;
$i++;
$cfg['Servers'][$i]['host'] = 'localhost'; /* MySQLのホスト名 */
$cfg['Servers'][$i]['auth_type'] = 'cookie'; /* 認証方式 */
?>

phpMyAdminの基本的な使い方

データベースの作成

ログイン後、左側のパネルから「データベース」を選び、「データベース名」を入力して「作成」ボタンをクリックします。

テーブルの作成

データベースを選択後、表示されるページでテーブル名とフィールド数を入力して「実行」ボタンをクリックします。次に、各フィールドの名前、型、属性を指定してテーブルを作成します。

SQLクエリの実行

「SQL」タブから任意のSQLクエリを直接入力してデータベースを操作できます。例えば、データの挿入、更新、削除などが行えます。

まとめ

phpMyAdminはその直感的なインターフェースにより、データベースの管理を格段に容易にします。このガイドが、phpMyAdminを使い始める際の助けになれば幸いです。データベース管理の基本を抑えつつ、さらに学習を進めていくことで、Web開発のスキルが向上していくでしょう。

アバター画像

Groworks Inc.

ものづくりのまち燕三条にある三条ものづくり学校を拠点とし、新潟市、長岡市、燕市、柏崎市を中心に活動しているウェブサイト・ホームページ制作会社です。